Why don't you just go ahead?

新幹線のぞみでFreeWifiが繋がらない?確認方法と設定の仕方・表示されない原因についても

2019/08/19
 

東京から新幹線に乗って新大阪まで2時間30分の旅。
乗車後、スマホ片手にFreeWiFiを繋げようとして…回線が見当たらない。。。

「あれ?新幹線ってFreeWiFi導入されたんじゃなかったっけ??」

こんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

東京⇔新大阪間を走行する東海道新幹線。
当然、東京と大阪を行き来するビジネスマンも多い路線です。

出張先に行くまでにPCで ひと仕事して!と思っていた所にこれは大ショックですよね(涙)

新幹線のぞみでFreeWifiが繋がらない?表示されない原因と確認方法は?

残念ながら、東海道新幹線のFree Wifiはまだ全列車で対応していません(涙)
全列車での対応予定は2020年3月です。
表示されない原因は乗車中の列車がFreeWifi非対応の列車のため、だと思われます。

「乗車列車がFree WiFi対応列車か?」の確認方法は2つあります!

新幹線に乗車中の場合

車両の先頭を見てみてください!
号車番号の下に「Shinkansen Free Wi-Fi」のステッカーが貼っていれば対応列車です。

こんなステッカーです!

JR東海公式ページよりキャプチャー

新幹線にすでに乗車中であれば、すぐに確認できる方法ですね!

東海道新幹線車内無料Wi-Fi公式ツイッターで確認する

どの列車が対応してるかの確認は公式ツイッター前日の14時過ぎに発信されるツイートです。

【公式】東海道新幹線車内無料Wi-Fi 「Shinkansen Free Wi-Fi」 https://twitter.com/shinkansen_wifi

これは2019年8月14日(水)対応列車一覧のツイート。

ここに記載されている「のぞみ」「ひかり」「こだま」のそれぞれの欄を見て、乗車列車の番号があれば対応されています!が、無ければ非対応です・・・(涙)

前日まで確認出来ないのは・・・非常に残念ですが、現状は仕方ないですね。

新幹線車内でのFreeWifi設定方法

利用手順は、一般的な公衆Wifiと同じです。

  1. WiFiのネットワーク一を選択する画面でShinkansen_Free_Wi-Fiを選び接続
  2. 認証画面でメールアドレスの登録もしくはSNSアカウントによる認証を行う

この2つの手順で簡単に接続できます!

新幹線Free WiFi利用時に注意したい点

あればラッキー!ですが、あくまでFree WiFiなので利用にはいくつかの注意点があります。

1回の接続時間は30分

1日に何度でも利用はできますが、30分ごと接続し直す必要があります。

そして、アドレスやSNS認証は最初の登録から3週間(21日)経過すると再登録が必要です。

利用する乗客が多い場合は回線も混雑する

多くの人が同じ回線を使う場合、人数によって通信が遅くなる・接続しづらくなることがあります。

また、携帯電話の電波を使用しての提供なので、トンネルなど携帯の電波状況によっては途切れることもあります。(限られた通信容量を利用するため、OSのアップデートやアプリのダウンロードなどは制限される場合も)

セキュリティ対策に気をつける

利用時にアドレスの登録かSNS認証はあるものの、パスワード入力無しに使えるFree WiFi。
なので、セキュリティが甘いです。覗き見されることは無いとは言えません…。

新幹線に限りませんが、公衆のFree WiFiを利用する際は「パスワード等の個人情報を入力する手続きはしない」「セキュリティ対策のされているSSL通信が確立しているサイト(https://~アドレスが始まるサイト)のみ閲覧する」などの意識を持ちましょう!

新幹線FreeWifiについてのツイッターでの口コミ

こんな感じでちょっと残念です(汗)また、次の2つの疑問に答えると…。

FreeWifiが使えるかは同じ新幹線でも号車毎に異なるの?

FreeWifiが対応かどうか車体全体毎に決まっています。「グリーン車だから、指定席だから」と席種や号車によって決まっているのではなく、その日に運行する車体の割り当てに準じます

確実にFreeWifi対応の新幹線に乗る方法は?

確実にFree WiFi対応の新幹線に乗る方法は、上記の東海道新幹線車内無料Wi-Fiツイッター公式サイト乗車前日の14時過ぎに発信されるツイートを確認してから対応列車の指定席チケットを取るor当日に対応列車の自由席に乗るということになります。

 

う~ん…。全く無いよりは良いのですが、やはり前日まで対応列車が分からないのは辛いですね(涙)
前もって指定席をとる場合はFreeWifiの有る無しは賭けになりますから…。

また、めでたく対応列車であった際も30分毎のログインも少し手間です(汗)

2020年に向けての改善を待つしかないですね!

番外編 東海道新幹線(東京・新大阪間)にはもう1種類のWifiがあります

これまで紹介している「Shinkansen Free Wi-Fi」2018年7月25日より訪日外国人客を含めた乗客の利便性を向上させるために、JR東海・JR西日本・JR九州の3社共通で導入されました。

2020年3月には3社が運行する新幹線全列車で使えるようにする予定とのことです。

それまでにも新幹線の中でWifiに繋げたような記憶が・・・?

新幹線の東京・新大阪間では「公衆無線LANサービス」の利用も出来ます。(N700A・N700系車内)
現在4つの事業者が対応しています。この事業者と契約していれば、その接続が出来ま

(2009年から導入された旧方式のWifi なので少し繋がりにくいとの声はあります(汗)

JR東海公式ページよりキャプチャー

接続方法各事業者ごとに異なりますが、基本的にはWifi設定画面で各業者のSSDIを選択し、利用時に各自が設定したPWを入力して接続する流れになります。

また、各社とも1回の接続時間無制限です!

自分が乗車した新幹線がFreeWifi非対応だった場合でも、もしこの4社のどこかと契約していれば公衆無線LANを利用する選択肢もありますね。

まとめ

・新幹線のFreeWifiはまだ全車両で対応していない。全車両対応予定は2020年3月。

・確認方法は、車両前方のステッカーを見る。公式ツイッターでの発表は前日の14時過ぎ。

・全列車対応まではあるとラッキーと思うほうがいいかも?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
記事が参考になったという方はFBで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Keiho's Voice♫ , 2019 All Rights Reserved.